TOP > ヘルペスの症状

ヘルペスは感染してしまうと再発を繰り返す厄介な性病です。このページではヘルペスの症状や治療法についてまとめています。

ヘルペスとは

横たわる女性

性感染症はたくさんの種類がありますが、その中でも注意したいのがヘルペスです。
ヘルペスはとても有名な病気なので、どこかで耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

この病気はヘルペスウイルスというウイルスに感染することで引き起こされる病気で、一口にヘルペスウイルスといっても複数の種類が存在しています。
人に感染するヘルペスウイルスだけでも8種類もあるといわれていますが、この中でも代表的といえるのが単純ヘルペスウイルス1型と単純ヘルペスウイルス2型になります。
ヘルペスは大きく分けて口唇ヘルペスと性器ヘルペスにわけることができ、口唇ヘルペスや性器ヘルペスを引き起こすのがこれらのヘルペスウイルスなのです。

ヘルペスウイルスは厄介なことに、一度感染すると人間の神経細胞の中に入り込み、症状が治まってもその中に隠れて潜み続けます。
そして疲労やストレスが溜まったり、風を引いたりして免疫力が弱まったときに再び活動を開始し、症状が再発するという、非常に再発しやすい病気なのです。
感染力も非常に強く、性行為はもちろん、キスなどの接触感染や、タオルやグラスを通して間接的に感染してしまう場合もあるほどです。

発症している患部に触れただけで感染することもあるほどで、ヘルペスに感染したときに最も多いのが接触感染だといわれています。
発達した現代の医学でもヘルペスウイルスを完全に退治することはできないため、ヘルペスに一度感染してしまうと一生の付き合いになってしまうため、注意が必要です。

性器ヘルペスの症状

頭を抑える男性

性器ヘルペスにかかった場合、性器周辺に水ぶくれや潰瘍などがあらわれます。
症状の重さは初発、つまりはじめて性器ヘルペスに感染した場合と、再発した場合で異なるという特徴があります。
最も重い症状が出るのは、はじめて性器ヘルペスに感染してすぐに発症する、初感染初発の場合です。

二度目以降の再発した性器ヘルペスだと症状は比較的軽くなるため、覚えておきましょう。
ですが、性器ヘルペスを発症しても、ヘルペスの代表的な症状といえる水ぶくれや潰瘍といった典型的な症状は必ず現れるわけではありません。
ヘルペスと似た症状を持つ病気もあるため、性器ヘルペスのような症状が出たからといってすぐにヘルペスと判断するのは危険であるといえるので、注意しましょう。
性器ヘルペスは男性が感染した場合と女性が感染した場合で異なる部分もあるので、しっかり頭に入れておくことをオススメします。

男性の性器ヘルペス

男性が性器ヘルペスに感染した場合、性行為などを行なってから2日から10日ほどの潜伏期間を経たあと、男性器を中心に症状が現れ始めます。
最初は男性器の表面にヒリヒリとした感じや、むずがゆさなどを感じ始め、徐々に1ミリから2ミリほどのかゆみを伴う赤いブツブツや水ぶくれがあらわれます。
症状が現れてから5日目くらいまでには水ぶくれは破れ、皮膚がただれたような潰瘍に変化し、7日目くらいには痛みが最も強くなります。
38度以上の熱が出ることも多く、発熱中は太もものリンパ節に腫れや痛みがあらわれるようになります。

こういった症状が出る部位は亀頭や陰茎、亀頭を包んでいる皮などが中心になりますが、場合によっては太ももやお尻、肛門の周辺や肛門自体にあらわれることもあります。
場合によっては尿道炎によって分泌物が出ることもあるので、はじめて性器ヘルペスに感染したときはこういった症状が出ることをしっかり覚えておきましょう。

性器ヘルペスは再発した場合、はじめて感染したときと同じような症状が皮膚にあらわれます。亀頭や男性器などの部位に水ぶくれや潰瘍といった症状があらわれますが、再発の場合、発熱やリンパ節の腫れといった重い症状が出ることはあまりありません。
全体的な症状も比較的軽いもので、再発から治療までの期間は大体1週間以内になります。
また、感染してもすぐには症状が出ない非初感染初発の場合はウイルスに感染しているものの、眠っている状態になるので症状は現れず、症状が現れた場合でも初感染初発のケースに比べると範囲は狭く、治るまでの期間も短いことがほとんどです。

性器ヘルペスと間違えやすい病気には尖圭コンジローマやカンジダなどがあるため、性器ヘルペスの初期症状らしきものが現れたときはすぐにヘルペスだと判断するのではなく、もしかしたらこれらの病気の可能性もあるかもしれないと考えて、一度検査キットを使ったり、病院へ行ったりして検査を受けることをオススメします。

女性の性器ヘルペス

性器ヘルペスは男性よりも女性のほうが痛みや不快感などの症状が強くなることが多く、膀胱や子宮頸部といった部位に症状が出やすいという特徴があります。
女性が性器ヘルペスに感染した場合、大陰唇、小陰唇と呼ばれるヒダの部分や膣口周辺に1ミリから2ミリほどのかゆみを伴った水ぶくれや赤いブツブツができます。
場合によっては肛門周辺にできることもあり、男性の性器ヘルペスの症状と同じように徐々に水ぶくれが破れて潰瘍に変化していきます。

また、38度以上の高熱が出ることもあり、症状は2日から10日ほどの潜伏期間を経たあとに女性器を中心に現れ始めることがほとんどです。
男性が性器ヘルペスに感染した場合は外陰部だけに症状が現れますが、女性が性器ヘルペスに感染した場合は身体の中にまで症状が出るため、これが性器ヘルペスの女性特有の症状になります。
ヘルペスウイルスが髄膜にまで達した場合は髄膜炎を起こすこともあり、排尿時にとても強い痛みを伴うこともあります。
あまりにも症状が重い場合は病院に入院して治療しなくてはならなくなることもあるので、少しでも気になる症状が出たときは速やかに病院で治療を受けることをオススメします。

女性の性器ヘルペスの場合でも、再発したときは初感染初発のときよりも症状が軽くなることがほとんどです。
疲労やストレス以外にも、月経や性行為などで身体の免疫力が落ちたときに症状が再発するので、注意が必要です。
性器ヘルペスが再発した場合は抗ウイルス薬を服用しなくても再発から治癒まで1週間以内で治まるという意見もありますが、より確実に治療したい場合は治療薬を服用するのが一番でしょう。

性器ヘルペスの再発には外陰部の違和感やかゆみ、足がしびれるような痛みを感じるといった予兆があり、感染した人の多くはこういった予兆を感じています。
もし、性器ヘルペスを一度治療したあとにこういった症状を感じた場合はヘルペスが再発するかもしれないと考えて、病院へ行くことをオススメします。

性器ヘルペスを放置した場合

多くの性感染症は放置していても症状が勝手に治癒したりすることはありませんが、ヘルペスの場合、放置しても自然治癒で治まる場合もあります。
ですが、一旦症状が落ち着いても体内にあるヘルペスウイルスは完全に除去されず、体内に残っているため、次に再発したときは体内のヘルペスウイルスが活性化されて症状が悪化することもあります。

また、自然治癒で治まった患部には傷跡やシミが残ることもあり、適切な治療をすれば綺麗に治りますがそのままにしておくと色素沈着や黒いシミに繋がる場合もあります。
さらに深刻な状態になると皮膚の奥にまで影響が及び、えぐれたような跡ができる場合もあり、最悪の場合は一生傷跡が消えないこともあります。
こういったケースもあるため、性器ヘルペスは放置せずに速やかに治療をすることをオススメします。

また、性器ヘルペスは治療をせずに放置していると、場合によっては強い頭痛や項部硬直、羞明感といった髄膜刺激症状を伴う場合や、尿閉や便秘などの末梢神経麻痺という症状が発症する場合もあります。
女性は性器ヘルペスを放置していると、子宮や子宮頸部にウイルスが侵入し、胎児にまで感染する可能性が出てきてしまうため、大変危険です。
性器ヘルペスを放置した状態で妊娠した場合は、出産までに適切な治療をしなければ流産や帝王切開といった自体に繋がってしまい、自然分娩ができなくなる場合もあり、大変危険です。
自然治癒する場合もあるからと甘く考えたりせず、性器ヘルペスに感染したときは速やかに治療薬などをつ使って治療をするようにしましょう。

口唇ヘルペスの症状

口を抑える女性

口唇ヘルペスは、ヘルペスの中でも起こりやすい症状として数えられており、ヘルペスウイルスに感染したあとに口周りや唇に症状が出るため、このような名前で呼ばれています。
口唇ヘルペスはヘルペスウイルス1型が原因となって引き起こされるため、性器ヘルペスの症状を引き起こすウイルスとは違う型のウイルスになります。

性器ヘルペスのように再発を繰り返すこともあり、患部が加熱された花のようになることから熱の花とも呼ばれています。
症状は4段階で進行していき、口周りにピリピリした感覚やチクチク、ムズムズといった違和感を覚えるようになり、半日ほど経過すると患部が赤く腫れて痛みを伴います。
発症してから2日から3日ほど経過すると、赤く腫れた部分に水ぶくれがいくつかでき、激しい痛みを伴う場合もあります。さらにここから1週間から2週間ほど経過すると、水ぶくれがかさぶたになって乾燥し、回復に向かっていきます。
乾燥すると一旦症状は治まり、痛みも消えますが、体内からヘルペスウイルスが完全に除去されたわけではないので注意が必要です。

口唇ヘルペスによる影響は、はじめて感染した場合、口の中や喉元にまで影響を及ぼす場合もあります。
多数の口内炎ができて、顎の下のリンパ節が腫れたり、40度を超える高熱が続くこともありますが、再発時は水ぶくれの範囲は狭くなり、高熱が出ることもほとんどありません。
口周りにこのような症状が出たときは口唇ヘルペスに感染した可能性が非常に高いので、できるだけ速やかに病院へ行って、治療をしてもらうことをオススメします。

口唇ヘルペスを放置した場合

口唇ヘルペスは治療薬を使って治療しなくても、患部を清潔に保っていれば自然治癒する場合もあります。
再発の場合は発症してから大体1週間から2週間程度で自然治癒するケースもあるため、無理に治療をしなくてもいいのでは?と考えてしまう人もいるかもしれません。
ですが、口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスは身体の免疫力が落ちたときに活動しやすく、体力なども低下しているときはウイルスが増殖しやすくなってしまうため、放置しているとウイルスはどんどん増殖していってしまいます。
その結果、ヘルペスウイルスがどんどん活性化していき、症状が重くなってしまうという危険性があります。

また、口唇ヘルペスを放置していると他の人に感染させてしまう可能性も高くなってしまいます。
ヘルペスウイルスは口唇ヘルペスの症状が出始めた頃から増殖をしはじめ、適切な治療をせずに放置していると治るのが遅くなってしまうこともあります。
治るのが遅くなるということは、それだけ長く口唇ヘルペスの症状が出ているということになるので、自分も長い期間、症状に悩まされることになりますし、それだけ他の人に感染を広げてしまう可能性も高くなります。
これだけでなく、口唇ヘルペスの患部に直接触れた手で性器を触ってしまった場合、性器にヘルペスウイルスが感染して性器ヘルペスに繋がってしまうケースもあります。
性器ヘルペスの場合でもそうであるように、口唇ヘルペスも治療をせずに放置するのは好ましくないので、早めに治療薬を使って確実に治療をすることをオススメします。